資料概要

広告とはなにか。利益拡大や社会的・経済的福祉の増大など目的は様々であるが、共通する一番大きな定義は「人々を対象に情報を伝える」ということである。

企業が広告を使うことの目的は知ってもらうことです。企業そのものを知ってもらう、保有しているブランドを知ってもらう、商品を知ってもらうなど伝えることが肝心です。

そこから、人々に購入してもらう、会員になってもらう、参加してもらうなど、ユーザーが実際の行動に至ることで企業は利益を得て、事業を拡大することになる。

広告と社会の役割というマーケティングを学ぶ上で知っておきたい基礎を資料で解説しています。