資料概要

マーケティングオートメーションは、その名の通りマーケティング活動の自動化を図るためのツール、プラットフォームである。

煩雑する膨大なデータを有効に活用したり、マーケティングの実行自体を自動化したりと、今までに出来なかったマーケティング施策を実現してくれるものでもある。

一方、オートメーションと聞くと全てを”自動化”するような印象を持つが、マーケティング担当者の方には残念なことに全てを” 自動化”する事はできない。マーケティング担当者の工数は、マーケティングオートメーション導入前と同等か、それ以上になる事は前提として考えていかなければならない。

なぜマーケティングオートメーションを導入すると、マーケティング担当者の工数が増えるのか?答えとしては、マーケティングオートメーションを導入することにより、導入前よりも詳細なマーケティング施策を企画立案する必要が出てくるからである。

本資料では、マーケティングオートメーションが実際に自動化するパートがどの部分であるかを具体的に解説しています。